『MUSIC&ARTS FESTIVAL(MUSIC STAGE)』

A52a

愛知芸術文化センター内の3つのステージに多くのアーティストが出演し、音楽ライブをはじめとした様々なパフォーマンスを実施。
音楽とアートが身近に寄り添う、気軽に楽しめる複合的なフェスイベント。
詳細につきましては
▶「MUSIC&ARTS FESTIVAL」特設ページ(https://aichitriennale.jp/mafes/
をご覧ください。

公演情報

会場:愛知県芸術劇場大リハーサル室(B2)
公演日:9月14日(土)
時間:12:00〜20:00 ※タイムテーブルは後日発表
料金:愛知県芸術劇場小ホール、大リハーサル室での観覧は当日有効の「あいちトリエンナーレ 2019」国際現代美術展チケットが必要。
愛知芸術文化センター2階フォーラムでの観覧は無料。

出演アーティスト(MUSIC STAGE)

カーネーション
カーネーション.jpg


1983年結成。1984年「夜の煙突」でレコードデビュー。以降ライブや音源制作などコンスタントに活動を続けて多くの名曲を生み、2018年には結成35周年を迎えた。人生の哀楽を鋭く綴った歌詞、豊かな演奏力でのアンサンブルなどでファンを長年魅了し、他アーティストからの支持も厚い。メンバーは直枝政広(Vo, G)と大田譲(B)の2人。

蓮沼執太&ユザーン
蓮沼執太&ユザーン.jpg

ゲストにアート・リンゼイ、デヴェンドラ・バンハート、坂本龍一を迎えたアルバム「2 Tone」を2017年に発表。2018年には同アルバムのアナログ盤を世界発売し、ニューヨークでリリースライブを行った。今年は愛知県のフェス「森、道、市場」や「フジロックフェスティバル」に出演。ユザーンにとってはこれが「あいちトリエンナーレ2019」のインスタレーション「Chilla」完走後初のライブとなる。
神聖かまってちゃん
神聖かまってちゃん.jpeg

の子(Vo, G)、mono(Key)、ちばぎん(B, Cho)、みさこ(Dr)からなる4人組ロックバンド。路上ゲリラライブや自宅トークの生配信などで注目を集め、2010年にメジャーデビュー。自らの体験や感情を赤裸々な言葉で紡ぐ歌詞、美しいメロディと強烈なライブパフォーマンスで、ネットネイティブ世代のカリスマ的な支持を得ている。
ラブリーサマーちゃん
ラブリーサマーちゃん.jpg

1995年生まれ。2013年夏から自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。SoundCloudやTwitterなどで評判を集める。2016年にメジャーデビューアルバム「LSC」をリリース。可愛くて優しいピチピチロックギャル。
Magic, Drums & Love
magicdrums&love.jpeg

2015年にデビューした東京のロックンロールバンド。通称マジドラ。ソウルやディスコ、シティポップからアイドルソングまでさまざまな音楽ジャンルを貪欲に取り入れたダンサブルかつファンキーなサウンドが特徴。松田"CHABE"岳二をプロデューサーに迎え2019年5月にリリースされた2ndアルバム「HURRICANE UPSETTER」は名盤との呼び声も高い。

地図

愛知県芸術劇場大リハーサル室(B2)

所在地

〒461-8525
愛知県名古屋市東区東桜1丁目13−2
愛知芸術文化センター 地下2階

アクセス

・東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
・瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分

問い合わせ

052-971-6111