『MUSIC&ARTS FESTIVAL(AND STAGE)』

A52b

愛知県芸術文化センター内の3つのステージに多くのアーティストが出演し、音楽ライブをはじめとした様々なパフォーマンスを実施。
音楽とアートが身近に寄り添う、気軽に楽しめる複合的なフェスイベント。
詳細につきましては
▶「MUSIC&ARTS FESTIVAL」特設ページ(https://aichitriennale.jp/mafes/
をご覧ください。

公演情報

会場:愛知芸術文化センター(2Fフォーラム)
公演日:9月14日(土)
時間:12:00〜20:00 ※タイムテーブルは後日発表
料金:愛知県芸術劇場小ホール、大リハーサル室での観覧は当日有効の「あいちトリエンナーレ 2019」国際現代美術展チケットが必要。
愛知芸術文化センター2階フォーラムでの観覧は無料。

出演アーティスト(AND STAGE)

和田彩花
和田彩花.jpg


1994年生まれ。スマイレージ(現アンジュルム)の初代リーダーとして2010年にデビュー、2019年6月にグループを卒業。大学では主に西洋美術史とエドゥアール・マネの研究を専攻するなど深いアート愛を持つことで知られ、著書に「美術でめぐる日本再発見」(ワニブックス)などがある。東海ラジオで「和田彩花のビジュルム」(毎週土曜25:30~)を放送中。

yukaD
yukaD.jpeg

2001年よりロックバンド・オストアンデルのボーカルを務め、2010年のバンド解散後はソロとして活動。楽曲提供などを行いながら自身の楽曲も定期的に制作し、2013年に1stソロアルバムをリリース。デジタルとアナログが交差するサウンドに軽やかな歌声が重なる作風で高い評価を得る。2019年からは地元・沖縄を拠点に制作を続けている。
坂口喜咲
坂口喜咲.jpeg

HAPPY BIRTHDAYのメンバーとしてメジャーデビューし、2015年の解散後にソロ活動を始める。2018年の2ndアルバム「あなたはやさしかった」では、孤独や憂鬱など、現代を生きる姿を等身大の言葉で描き大きな共感を生んだ。2018年には夢眠ねむへの楽曲提供も話題を集めた。
にゃんぞぬデシ
にゃんぞぬデシ.jpg

1998年生まれ。小学5年生のときに「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を劇場で20回鑑賞し、エンターテイナーを志す。高校2年のときにライブ活動を始め、mona recordsが主催するオーディションでグランプリを獲得した。新曲「勘違い心拍数」がテレビドラマ「Iターン」オープニングテーマとしてオンエア中。
諭吉佳作/men
諭吉佳作men.jpeg

2003年生まれのシンガーソングライター。まだ中学生だった2018年に「未確認フェスティバル」で審査員特別賞を受賞し、インディーズバンド音楽配信サイト「Eggs」では年間ランキング2位を獲得。楽曲はiPhoneアプリ「GarageBand」で制作しており、独特のビート感と艶のある歌声が魅力。2019年にはでんぱ組.incへの楽曲提供も行なった。

地図

愛知芸術文化センター(2Fフォーラム)

所在地

〒461-0005
愛知県名古屋市東区東桜1丁目13−2
愛知芸術文化センター 2階

アクセス

・東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
・瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分

問い合わせ

052-971-6111