アレハンドロ・ホドロフスキー『ホドロフスキーのサイコマジック』

  • ©️Pascale Montandon-Jodorowsky
A86

アレハンドロ・ホドロフスキー監督最新作として完成した『ホドロフスキーのサイコマジック』は、彼自身が考案した心理療法「サイコマジック」の、実際の診療の様子を紹介する映画体験。過去の監督作品の映像素材も加え、ホドロフスキー映画における数々のシーンが、いかに「サイコマジック」という技法によって貫かれているかが解き明かされてゆく。彼は、自身をフロイトと対置した上で、「サイコマジック」は科学が基礎とされる精神分析的なセラピーではなく、アートとしてのアプローチから生まれたセラピーであると語る。長年にわたり個人のトラウマに応答する一方、社会的な実践「ソーシャル・サイコマジック」を展開する様子を提示する。

アレハンドロ・ホドロフスキー

  • 1929年トコピージャ(チリ)生まれ
  • パリ(フランス)拠点
  • ©Pascale Montandon-Jodorowsky

映画監督、詩人、舞台演出家、コミック作家として活動しながら、タロットや禅、瞑想などにも積極的に取り組み、世界中に熱狂的なファンを抱える。ニューヨークの深夜上映で火がついた『エル・トポ』(1970)で、ジョン・レノンやアンディ・ウォーホルらから熱烈な支持を得る。その後『ホーリー・マウンテン』(1973)、『サンタ・サングレ/聖なる血』(1989)を発表し、カルト界の巨匠としての確固たる地位を築く。近作の『リアリティのダンス』(2013)、『エンドレス・ポエトリー』(2016)では、作家自身のルーツを掘り下げた自伝的映画を制作。現在、この自伝的三部作の完結編となる新作映画制作を準備中。

主な作品発表・受賞歴

2016 『エンドレス・ポエトリー』
2013 『リアリティのダンス』
1989 『サンタ・サングレ/聖なる血』
1973 『ホーリー・マウンテン』
1970 『エル・トポ』

公演情報

〈日本初上映〉

9月16日(月・祝)17:30+上映後トーク:岡村靖幸(音楽家)、津田大介(あいちトリエンナーレ2019芸術監督)

9月20日(金)17:00

9月23日(月・祝)17:00

他上映作品を含む映像プログラム全体のタイムテーブルはこちらをご参照ください。

eizo_chirashi_AT2019 0911.pdf〈映像プログラムチラシ(4.4MB)〉

作品情報

2019/100分/配給:アップリンク

言語:スペイン語、フランス語、英語

字幕:英語、日本語

チケット情報

[あいちトリエンナーレ2019国際現代美術展チケットでご鑑賞いただけます]

各回15分前開場・入場整理番号順でのご入場/180席/全席自由/上映開始後入場不可

◉国際現代美術展「1DAYパス」「フリーパス」にてご入場いただけます。愛知芸術文化センター(12階)アートスペースA会場受付にてご提示ください。「1DAYパス」は当日のスタンプが押された日のみ有効。複数日にわたりご覧いただく場合は「フリーパス」が必要になります。

◉上映日ごとに、その日の最初の上映の30分前から愛知芸術文化センター12階受付にて全ての上映の入場整理券を配布いたします。満席の際はご入場いただけない場合があります。

地図

愛知芸術文化センター アートスペースA(12F)

所在地

〒461-8525
愛知県名古屋市東区東桜1丁目13−2
愛知芸術文化センター 12階

アクセス

・東山線または名城線「栄」駅下車 徒歩5分
・瀬戸線「栄町」駅下車 徒歩5分

問い合わせ

052-971-6111