ラーニング

愛知と世界を知るためのリサーチ ①『監督と学ぶ』 片岡真実

  • 2021年08月23日
  • #インタビュー
  • #リサーチ
  • #有松地区
  • #一宮市
  • #常滑市

「愛知と世界を知るためのリサーチ」は、アーティストと参加者が芸術祭の開催地である「愛知」にまつわる様々なテーマについてリサーチを行い、私たちが現在立っている場所について明らかにしながら「世界とは何か」という謎に迫るリサーチ・プロジェクトです。
本プロジェクトでは、数名のリサーチャーとともに様々な視点でリサーチ活動を展開していきます。

①『監督と学ぶ』は、本芸術祭の片岡真実芸術監督自身が「あいち2022」の開催会場である地域を中心に、専門家や地域の方々をゲストに迎え、対談形式で歴史・文化・産業など様々な側面から学ぶシリーズです。

kaijyou.jpg

リサーチャー
片岡真実(国際芸術祭「あいち2022」芸術監督)

リサーチ概要
ゲストとの対談形式で、地域の歴史や文化、産業についてお話を伺い、後日、対談の動画を公開することで、みなさんと一緒に芸術祭が開催される「愛知」について学びます。

第1回「一宮が繊維の街になったのはなぜ?」

  • 2021年08月23日
ゲスト
伊藤 正樹氏(国島株式会社 相談役)

一宮の老舗毛織物メーカーである「国島株式会社」の伊藤正樹相談役より、一宮の繊維産業とまちの歴史をお伺いしました。
どのような歴史や社会情勢の中で尾州で繊維業が盛んになったのか、最盛期の暮らしの様子、繊維産業が形作るまちの風景や尾州の未来などについてお話をいただきました。

第1回「一宮が繊維の街になったのはなぜ?」

第2回「真清田神社のこと、教えてください」

  • 2021年10月28日
ゲスト
辰 守弘氏(真清田神社 宮司)
塚越 啓陽氏(真清田神社 神主)

一宮の名前の由来になったといわれる「真清田神社」を訪ね、辰守弘宮司、塚越啓陽神主より、神社の歴史や一宮のまちとの関わりについてお伺いしました。
真清田神社の成り立ちや一宮の繊維業との関わり、神社のお祭りや宝物、現代における神道の役割などをお話しいただきました。

第2回「真清田神社のこと、教えてください」

第3回「愛知の焼き物、1200万年」

  • 2021年12月15日
ゲスト
佐藤 一信氏(愛知県陶磁美術館 副館長)

愛知県陶磁美術館副館長の佐藤一信氏に、愛知の窯業についてお伺いしました。
愛知県で陶芸、窯業が盛んになった地理的、歴史的背景や、瀬戸や常滑などの焼き物の成り立ちと特色、焼き物の未来などをお話しいただきました。

第3回「愛知の焼き物、1200万年」

※第4回以降については順次お知らせします。