ラーニング

「芸術祭」をひも解く:近代化と万博-オリンピック-芸術祭

  • 2021年08月23日
  • #レクチャー

「芸術祭」の変遷にもつながる万博やオリンピックなど、近代化における大規模な国際的イベントを概観していくことで、「芸術祭」を歴史的、批評的に捉えるためのプログラムです。社会学や都市論、歴史学など多ジャンルの専門家によるレクチャーを通して、「芸術祭」のあり方について考えます。

IMG_3860.JPG

第1回 「「芸術祭」をひも解く1」 ゲスト:吉見 俊哉 氏

  • 2021年08月17日
ゲスト
吉見 俊哉 氏(社会学者)

2004年より東京大学大学院情報学環教授。主たる専攻は社会学、都市論、メディア論、文化研究。演劇論的なアプローチを基礎に、日本におけるカルチュラル・スタディーズの中心的な存在として先駆的な役割を果たしてきた。主な著作に、『都市のドラマトゥルギー』(弘文堂、1987年、河出文庫、2008年)、『万博幻想』(ちくま新書、2005年、講談社学術文庫、2011年)、『大学とは何か』(岩波新書、2011年)、『五輪と戦後:上演としての東京オリンピック』(河出書房新社 2020年)等多数。

1964年に開催された東京オリンピック以後、日本で開催されてきた、また開催を目指していたオリンピックや万国博覧会などのメガイベントの歴史やその今日的な意義についてお話しいただきました。
日時|2021年8月22日(日)10:30-12:00
(第1回は教育関係者向けプログラム「サマー・スクール」にてレクチャーいただきました。)
※レクチャーの動画は後日公開します。
IMG_3871.JPGのサムネイル画像

第2回 「「芸術祭」をひも解く2」 ゲスト:辻田 真佐憲 氏

  • 2021年11月07日
ゲスト
辻田 真佐憲 氏(評論家・近現代史研究者)

1984年、大阪府生まれ。評論家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている。単著に『超空気支配社会』『古関裕而の昭和史』『文部省の研究』(文春新書)、『天皇のお言葉』『大本営発表』『ふしぎな君が代』『日本の軍歌』(幻冬舎新書)、『空気の検閲』(光文社新書)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)、共著に『教養としての歴史問題』(東洋経済新報社)、『新プロパガンダ論』(ゲンロン)などがある。監修に『満洲帝国ビジュアル大全』(洋泉社)など多数。軍事史学会正会員、日本文藝家協会会員。
※「辻」のしんにょうは、「一点しんにょう」です。

第2回は、近代以降に日本で開催されてきた万博やオリンピックを分析しながら、政治と文化芸術の関係や未来を見据えた芸術祭の役割を読み解いていきます。
日時|2021年11月7日(日)14:00-16:00
プログラムの詳細はこちらのページをご覧ください。(募集終了)


Tsujitamasanori_01.jpegのサムネイル画像

「芸術祭」をひも解く2 ゲスト:辻田 真佐憲 氏

第3回 「「芸術祭」をひも解く3」 ゲスト:アイゼア・バルセニーラ 氏

  • 2021年12月24日
ゲスト
アイゼア・バルセニーラ氏(キュレーター・批評家)

ロンドン大学ゴールドスミス校(英国)美術学修士(キュレーション)。バスク大学(ビクトリア、スペイン)博士(美術史)。
ジェンダーの視点から見た博物館学、キュレーション、および現代美術を研究範囲とし、アートと人びととの出会いや視線の構築による対話の生まれ方に着目。女性アーティストを歴史化する際における展覧会の役割を分析し、「半透明の戦略」というコンセプトを通して、視線と弱者の表現について考察してきた。また、一般市民の組織化や、フェミニスト経済学から文化的実践を考察するための手法を研究する。I+Dプロジェクト「Desorientados.Territorios del género en la creación artística contemporánea(方向感の喪失。現代美術におけるジェンダー・テリトリー)」の共同代表を務める。「Baginen Bagara」展(2021年-現在開催中、Garazi Ansaと共に担当)サン・テルモ美術館(スペイン)など、数多くの展覧会にてキュレーションを手掛ける。また、『ベリア』紙や、バスク・ラジオの「アマラウナ」プログラムに芸術批評を寄せる。

第3回はジェンダーの視点からキュレーションや批評、研究活動に取り組むアイゼア・バルセニーラ氏をゲストにお迎えし、ドイツのドクメンタやミュンスター彫刻プロジェクトなどの事例を参照しながら、芸術祭の現在について考察します。
日時|2021年1月15日(土)18:00-20:00 ※Zoomウェビナーによるライブ配信
プログラムの詳細、お申込みについては、こちらのページをご覧ください。(募集終了)
※レクチャーの動画は後日公開します。