今、を生き抜くアートのちから

LEARNINGラーニング

研修を通じて「対話型鑑賞」の手法を学んだボランティアが、来場者と対話的な鑑賞の機会を創出します。また、「会場運営」や「対話型鑑賞による案内」そして「ガイドツアー」など様々な活動を通して芸術祭を支えます。