2019年7月8日 お知らせ

「あいちトリエンナーレ2019」映像プログラム上映作品の全容が決定しました!

あいちトリエンナーレ実行委員会が開催する「あいちトリエンナーレ2019」の映像プログラムでは、テーマである「情の時代」に沿って、国内外のアーティスト・団体14組による15作品を選定し、上映を行います。プログラムには、2019年のカンヌ国際映画祭の批評家週間「特別招待部門」に正式出品された富田克也(「典座 -TENZO-」など日本初上映となる3作品と、「情の時代」に触発され制作される新作映像作品1作品を含みます。
上映期間中、映画監督や作品に関連するゲストを招いて、トークイベントを実施し、作品の魅力などを伝えます。
また、8月9日(金)にミッドランドスクエア シネマを会場として、特別オールナイト上映を開催します。ここでは、「情の時代」のテーマから特別に選定された映画作品を中心に5作品を上映します。

tomita-katsuya.jpg
© 全国曹洞宗青年会

1 上映の概要
(1) 上映期間
2019年9月15日(日)から9月29日(日)まで
(2) 上映場所
愛知芸術文化センター アートスペースA/180席
(名古屋市東区東桜一丁目13-2 12階)
(3) 入場について
国際現代美術展のチケットが必要です。
チケットに関する詳細は「あいちトリエンナーレ2019」公式Webサイトをご覧ください。
(4)上映作品
バスマ・アルシャリフ『ウロボロス』 77分 2017年制作
キャスリン・ビグロー『デトロイト』 142分 2017年制作
チェ・スンホ『共犯者たち』 105分 2017制作
カンパニー松尾(
『A Day in the Aichi(仮)』[新作] 上映時間未定 2019年制作 
クレール・ドゥニ『ハイ・ライフ』 113分 2018年制作
広瀬奈々子
『夜明け』 113分 2019年制作
アレハンドロ・ホドロフスキー『ホドロフスキーのサイコマジック』[日本初上映] 100分 2019年制作
小森はるか『空に聞く』 75分 2018年制作
ミロ・ラウ『コンゴ裁判』 105分 2017年制作
レニ・リーフェンシュタール『民族の祭典』(「オリンピア」第一部) 138分 1938年制作
レニ・リーフェンシュタール『美の祭典』(「オリンピア」第二部) 97分 1938年制作
戸田ひかる『愛と法』 94分 2017年制作
東海テレビ放送((『さよならテレビ』 77分 2018年制作
富田克也(『典座-TENZO-』[日本初上映] 62分 2019年制作
吉開菜央(『Grand Bouquet』[日本初上映] 15分 2019年制作
※上映スケジュール、トークイベントの詳細については、後日発表予定。
※作品の詳細はこちら→作品解説(PDF/1.05MB).pdf

2 ミッドランドスクエア シネマ 特別オールナイト上映について
(1) 上映日時
8月9日(金)午後9時から8月10日(土)午前6時(予定)まで
(2) 上映場所
ミッドランドスクエア シネマ スクリーン9番/全席指定(167席)
(名古屋市中村区名駅四丁目11番27号 シンフォニー豊田ビル2階)
(3) チケット料金
前売・当日券ともに2,000円
(プレミアムシート(最後列I列)は、2,800円)
※国際現代美術展チケットでは入場できませんので、御注意ください。
(4) チケット取り扱い
7月8日(月)からチケットぴあ(Pコード550-144)にて販売
(5) 上映作品
マイケル・グレイシー『グレイテスト・ショーマン』 104分 2017年制作
アニーシュ・チャガンティ『search/サーチ』 102分 2018年制作
ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』 116分 2016年制作
富田克也(克也『典座-TENZO-』[日本初上映] 62分 2019年制作
吉開菜央((『Grand Bouquet』[日本初上映] 15分 2019年制作
※富田克也、吉開菜央のトークイベントを実施予定。   

3 問合せ先
あいちトリエンナーレ実行委員会事務局(小栁津、岡田)
住 所 
〒461-8525
名古屋市東区東桜一丁目13-2 愛知芸術文化センター6階(愛知県県民文化局文化部文化芸術課トリエンナーレ推進室内)
電 話 052-971-6127
FAX 052-971-6115
E-Mail triennale@pref.aichi.lg.jp
URL https://aichitriennale.jp/